入れ歯でお困りのあなたに

入れ歯 神戸 歯科 御影 東灘区 




BPS(生体機能補綴システム)による
オーダーメイド超精密義歯


何度作っても入れ歯が合わなくて困っている方へ。
入れ歯だから硬いものを咬むことをあきらめてしまった方へ。
入れ歯になってから思いっきり笑えなくなってしまった方へ。
インプラントは怖くてできないという方へ。
短期間で入れ歯を作りたい方へ。
入れ歯安定剤を使いたくない方へ。 


桜の花


入れ歯安定剤の売上げは年々増大しているそうです。
これはつまり歯科医院で作った入れ歯に多くの方が満足していないという何よりの証拠です。
何故でしょうか?
私はインプラント(人工歯根)主導型の医院で5年間勤務しました。
インプラントで咬むことに困っているすべての患者さんが救えると思い勉強しました。
インプラントは確かに自分の歯とほぼ同じ力で咬むことができ、違和感も少なく、非常に良い方法だと思います。
歯を失った方への第一選択はインプラントだと信じています。

しかしインプラントだけでは患者さんの苦しみは決して救えないことを経験しました。
手術による肉体的な負担は勿論、費用的、精神的な負担はかなり大きなものとなります。

インプラントを勉強すればする程、入れ歯の重要さやその難しさがあらためて浮き彫りにされました。

日々の診療の中で入れ歯が外れてしまうような顎の骨がやせてしまった患者さんに対して『入れ歯だからしょうがないよ』と患者さんに言い訳している自分が恥ずかしくてたまりませんでした。

説明ではなくいい訳だなと。。。


精密な入れ歯


そんなある日、日本でも数少ない入れ歯専門技工士の森永 純氏から、
「BPS生体機能補綴システム」を教えて頂きました。

森永純

森永氏はBPS国際認定技工士であり、今まで数多くの入れ歯を手掛けてきた入れ歯のスペシャリストです。
彼にご紹介頂き、二人でチームを組んで二日間のセミナーを受けに行きました。

リヒテンシュタイン王国にある、BPS国際研修センターのテクニカル研修部長ヘルベルトフリック先生の講義です。

BPS二日間患者導入セミナー

実際に入れ歯で困っている患者さんに来てもらい目の前で型取りからかみ合わせ、人工歯の配列、研磨、装着までを行うライブデモ形式の講義なのですが、最初は疑心暗鬼でした。


BPSセミナー


ですが、講義の最後にフリック先生が、完成した入れ歯を患者さんのお口の中にいれると、奇跡が起こったのです。

入れ歯で食事しづらいのはしょうがないこと、入れ歯とはそういうものだと思っていた私の目の前で硬い棒を咬んだり、せんべいを食べたり、大きな口を開けたりしても入れ歯が落ちてこないのです。 

その小さなおばあさんの顔がみるみる緩んで、とびきりの笑顔がこぼれました。

新しい入れ歯を装着して

そして、最後に「死んでもこの入れ歯を離したくない」とおっしゃいました。

歯科医師にとってこれ以上ない褒め言葉だと思います。

このやり方ならもう患者さんに言い訳しなくてすむかもと思いました。


ドクターフリック
BPS国際研修センターテクニカル研修部長 ヘルベルト フリック先生

ではいったい何が今までの入れ歯と違うのでしょうか?

入れ歯とはつまり義歯です。
義足、義手、義眼と同類語です。
残念ながらご自身の体ではないのは紛れもない事実です。

それなのに今までの入れ歯の作り方はまず顎の大体の型を既成のトレーで取り、咬み合わせの高さを大体で記録して、大体で装着して、大体で調整して後は『慣れてください』で終わりです。
これでは痛いし、動くし、しゃべりにくいのはあたりまえです。

もし義足を大体のトレーで型をとり、大体の長さであわせて『あとは慣れるまで少し痛いのは我慢して歩いてね』なんていわれたらひどい話どころではないはずです。
ところが歯科医院ではこれと同じことが今でも平然と行われています。

                                                                                                
スズラン


オーダーメイドスーツや靴が
体にすぐ
なじんでなおかつ長持ちするのは
その過程において細かく寸法を測り
体の動きを計算し
良い生地を厳選し

長年の経験と最新の技術で
心をこめて製作された結果です。

もし入れ歯でお困りなら、あるいはご家族の方、お知り合いの方で困っている方がお見えになるのならぜひ一度KINOSHITA DENTAL OFFICEにご相談ください。
入れ歯専門技工士の森永氏とともに心のこもった入れ歯を作ります。

2008年1月26日27日に開催された、BPSクリニカルセミナーに参加し、実際の患者様を前にBPS公認インストラクターのもと、実際のBPSシステムのトレーニングを受け、見事試験にも合格し晴れて、
日本で第一期となる、BPS国際認定の歯科医院となりました。

BPS国際認定修了証


BPS精密義歯作成にまつわる、私木下と技工士との奮戦記です。
患者様の感想等も入っておりますので、もし宜しければお読み下さい。

入れ歯職人への道 パート1
http://kdo-diary.seesaa.net/article/100199305.html
入れ歯職人への道 パート2

http://kdo-diary.seesaa.net/article/105427083.html







BPS(生体機能補綴システム)による
オーダーメイド超精密義歯  作成システム




 入れ歯の精密な型取り 
できるだけお口の中の実際の動き(イーウーオーと大げさに発音してもらう、術者の指を吸ってもらう、咬んだまま唾を飲み込んでもらうなど)をシリコンで記録します。


  
歯がなくなってしまった場合、本来の顎の位置を再現することが最も難しいのです。この装置で顎の前後左右のズレがないかを確認して記録できます。


精密な入れ歯
完成した入れ歯です。かなり精密な型取りをすることと正確な顎の位置取りを行うため装着したその日からしっくり、痛みもない。


金属床の入れ歯
さらに強度と入れ歯特有の違和感の軽減を求める場合には一部を金属で設計します。







Esthetic Denture 審美義歯

歯を全て失ってしまった総入れ歯の方にももちろん審美修復治療があります。

顔全体のバランスを考慮し、噛み合わせ、歯肉の色や、歯の形、色、全てオーダーメイドで審美的な義歯を作成致します。

この入れ歯によって10歳は若返ったとお喜びの声を多数頂いております。
つまり、入れ歯によってアンチエイジング効果が得られるのです。


審美義歯治療 before after



審美義歯治療前

今にも前歯がとれてしまいそうだけれど、歯医者が怖くていけなかったと涙ながらに来て下さった方です。奥歯を全て失い、前歯ももうぐらぐらの状態でした。

審美義歯治療後

審美的でよく咬める入れ歯に変わり、人生が変わったと大変喜んで下さいました。

 


                          審美歯科HOMEへ