痛くない麻酔

痛くない麻酔 無痛治療

痛くない麻酔

歯科治療の中でも一番嫌な行為として皆様が感じておられる「麻酔」ですが、様々な工夫をすることで痛みを軽減することが出来ます。


水に浮かんだ一輪の花


1 十分な表面麻酔 麻酔をする部分を十分に乾燥させ、ゲル状の表面麻酔のお薬をしみ込みやすい状態にしてから塗布し、3分以上待ちます。

2 細い注射針   単純に針は細ければ細い程痛みは少ないので、33Gの最も細い針を使います。

3 注射液の温度  注入する薬液の温度は人肌程度が最も痛みが出にくいといわれています。冷たすぎたり、熱かったりすると痛みが出やすくなります。特に冬場は少し暖めてから使用します。

4 麻酔部位    歯肉の中でも痛みの出にくい軟らかい粘膜の部分を、更には粘膜の中でも毛細血管の周辺は痛みを感じやすいので、その部分も避けるようにして麻酔していきます。 

5 麻酔の速度   麻酔の薬液を注入する速度が速くても痛みを感じる場合があります。痛みを感じないようにゆっくり焦らず麻酔していきます。

6 コンピューター制御の電動麻酔装置 
ここまでしても痛みの出る方もおられるので、痛みがでないように注入速度をコンピューター制御する電動麻酔機も用意しております。 

電動麻酔機

以上のような様々な工夫をして、出来るだけ痛みの無いような麻酔を心がけています。


審美歯科HOMEへ