予防歯科 10年後を一緒に考えませんか?

あなたの10年後を一緒に考えませんか?


豊かな人生を送る為にも、お口の健康はとても大切だと思います。


お口の健康を通して、残りの人生をどれだけ人間らしく、素敵な生き方をして頂けるかを一緒に考えさせて頂くこともKINOSHITA DENTAL OFFICE の重要な仕事です。

生き方提案型歯科医院

 with your LIFE 〜 あなたの人生とともに 〜

once in a LIFE time 〜 一期一会 〜

これが KINOSHITA DENTAL OFFICE のもう一つのテーマ。
院長木下より、そんな想いを込めて皆様にメッセージムービーを作らさせて頂きました。






当たり前のことのようですが、よく考えるとなるほどと思うことが多い口の中。
意外にも知られていないお口の中は、実際にはとてつもない厳しい環境なのです。

スイーツ

よく考えて下さい。
毎日熱いお味噌汁やスープが一日に何回か入って来て、時にはアイスクリームのような冷たい物も入ってきます、その上、成人平均約40キロから50キロの噛む力で毎日何百回何千回も打ちひしがれ、夜はまた歯ぎしりという強い噛む力もかかります。

更には、そこは24時間常に唾液によって濡れており、一日3回必ず栄養が入って来て、細菌からすればこの上ない繁殖しやすい環境なのです。


自然界でこれほど温度差があり、これほどのが継続的に加わり、これほどの細菌が大量にいる環境は無いのではないでしょうか?おそらく台風の目の中よりも過酷な環境だと思います。

それほどの過酷な環境のお口の中は、自分で歯ブラシするだけのメンテナンスでずっと健康を維持することは難しいと思います。

またこんなデータもあります。
歯そのものの物質としての平均耐用年数は50年。
それに対して人間そのものの平均寿命が医学の急速な進歩により、一気に80歳へと伸びたことによって、自分の歯を一生使うことは難しい。


海


そんなバックグラウンドがある中でも、未だに歯科医院は痛くなったら行くところという固定観念はなくならず、日々多くの歯科医院では麻酔をしてバリバリ削ったり、歯を抜いたりの繰り返し。

悲しいかな、痛くなってから来て頂くと、痛い治療をしないと治らないことが殆どなのです。
痛くなったら行く→痛いことをされる→また行きたくなくなるから痛くなるまで放っておく。


この悪循環に陥られている方は少なくないと思います。
これでは、一生自分の歯で美味しく食べることなんてなかなか難しいのではないでしょうか?


スイーツ


そこで、KINOSHITA DENTAL OFFICE からの提案です。

「痛くなったら行く歯科医院ではなく、痛くならないように定期的に行く歯科医院

として、
KINOSHITA DENTAL OFFICE を使って頂けないでしょうか?

出来ることなら、
KINOSHITA DENTAL OFFICEの本当の願いは、
患者様の歯を削りたくないのです。
患者様の歯を抜きたくないのです。
数ヶ月に一度クリーニングと何か異常が無いかのチェックに来て頂き、

「相変わらず綺麗な歯ですね」

とご挨拶だけで終わりたいのです。

麻酔や歯を削る機械は極力使いたくありません。
もちろんそこに病気があれば、それに全力で立ち向かう為の準備はいつもしておりますが。。。。


アマンの夕日


その為にも、まずはクリーニングを受けて頂き、今までの汚れを全て落として、歯科医師による治療を全て完了して頂いた患者様は、3ヶ月か4ヶ月に一度、季節の変わり目ごとにお顔を見せて頂きたいのです。

その数ヶ月に一度の定期検診によるクリーニングで、未来の虫歯や歯周病は防ぐことが出来るのです。
もし、虫歯が出来てしまっていたとしても、ごく初期の段階で発見できるので、削る量も少なくてすみます。

結果的には人生の中で歯科医院に使う時間は少なくてすむのです。

そしてその先には健康的な毎日が待っているのです。


アマンの海


あなたの髪やお肌と同じく、美容院やエステに行くのと同じ感覚で、自分の歯も大切にケアして欲しいのです。

そして、歯科が誇りを持って言えることは、歯科医院は「予防する為に行く」ことができる唯一の医療機関なのです。

風邪をひかないように内科に行っても特に何も出来ません。
風邪をひいてからでないと処置できないと思います。
眼科や耳鼻科その他も同じだと思います。

ですが、歯科は「病気にならない為に行くことが出来る」、つまり予防処置が出来る唯一の医療機関なのです。


アメリカの老人ホームでは、常勤医師よりも常勤歯科医師が重要視されているそうです。
つまり、なってしまった病気を治すのに全力を尽くすよりも、予防歯科によって健康な歯を手に入れ、流動食ではなく自分の口から人間らしく噛んで食べることにより、健康的な身体も作ることができ、またよく咬んで食べることにより脳も活性化され、食べる喜びを感じることにより、より人間らしく生涯を全うできると考えられているからです。

まさに、Quality Of Life の概念です。


枝垂桜


残念ながらまだ日本の歯科の現状はここまで来ていませんが、いつの日かこの予防歯科の本当の意味を日本にも定着させていくことがこれからの日本の歯科の仕事だと思います。

そして、せめて
KINOSHITA DENTAL OFFICE に来て下さった患者様にはその価値を理解して頂けるように日々努力していきたいと思います。



審美歯科 HOMEへ