上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例CASE

上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例

Before
  • before 上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例
After
  • after 上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例
  • after 上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例
症例上顎を総入れ歯、下顎をインプラントおよびオールセラミック治療で修復した治療例
年代40代
性別男性
治療内容若い頃から歯が悪く、虫歯治療を繰り返して来られたようですが、とうとう上の大きなブリッジが脱落してしまい総入れ歯治療を希望して来院されました。上の歯は保存が難しかったため、全て抜歯して総入れ歯にし、下は保存できる歯が多数あったため、オールセラミッククラウンにて虫歯の歯を修復しました。
欠損していた右下奥はインプラントにて修復しました。審美性も大きく回復し、硬いものでもしっかりとお食事していただけるようになりました。
期間1年8ヶ月
リスク・副作用総入れ歯治療は、初めて装着される場合、違和感や発音のしにくさが生じる場合があります。これに対してリハビリテーション用の仮歯を装着し、噛む筋肉や表情筋、発音の仕方などをリハビリしていき、違和感なくスムーズにお食事できる状態を目指していきます。
インプラント治療は外科手術となるため、手術後痛みや腫れなどが出る場合があります。
外科処置後は仮歯を入れ、噛む筋肉や噛み方などのリハビリをおこなっていきますが、インプラントは形態上食べ物が挟まりやすい場合があるため、歯ブラシの仕方や補助的清掃器具を使用して掃除をする必要があります。
費用450万円
top