神戸市にある木下歯科医院の治療費 神戸市にある木下歯科医院の治療費

〒658-0065 兵庫県神戸市東灘区御影山手1丁目4-18
阪急神戸本線「御影駅」北側出口から北へ徒歩2分

TEL.078-811-4618

am 9:00-1:00 / pm 3:00-7:00

治療費PRICE

保険診療と
自費診療の違い

歯科治療には、
保険診療と自費診療の
2種類があります。

保険診療での
お支払いの場合

保険診療では、年齢によって支払う金額が異なります。

  • 75以上の人は1割負担
  • 70~74歳の人は2割負担
  • 70歳未満の方は3割負担
自費診療での
お支払いの場合

自費診療では、治療費の全額自己負担となっています。つまり、患者様が10割の負担です。

  • 10割負担

費用がかかっても
自費診療を選ぶ
メリット

選択肢が
広がる

自費診療では、患者様の治療方法の選択肢が広がります。
例えば、様々な理由で歯を失ってしまった場合、基本的には入れ歯かブリッジでの診療となりますが、これが自費診療であれば、インプラントという治療方法が選択肢として増えることになります。

満足な治療結果が
得られる

自費診療と保険診療では治療で使用する素材が違います。
原価が安い保険診療の素材は、見た目や耐久性など様々なデメリットがありますが、自費診療の素材では、審美性や耐久性に優れた素材を使用するため、質の高い歯科治療が可能です。

患者様のニーズに
応えることが可能

保険診療では、セラミック、金合金、チタン合金の使用不可、インプラント、ホワイトニング、矯正治療は一切不可などの制限がありますが、自費診療ではほとんど無いため、患者様のニーズに応えることが可能です。

デンタルローン
について

「治療を受けたいけど費用がちょっと…」「一括で支払うことは難しい」など費用面で治療が難しいと感じている方もご安心ください。当院ではデンタルローンでのお支払いが可能です。詳しくは一度ご相談ください。

デンタルローンについて
お支払い回数は12回、24回、36回まで可能です。

治療費

精密根管治療

前歯部 60,000円
小臼歯部 80,000円
大臼歯部 100,000円
価格は全て税別表記です。

審美治療

被せ物
オールセラミッククラウン 170,000円
メタルボンドクラウン 170,000円
詰め物
オールセラミックインレー 80,000円
オールセラミックアンレー 120,000円
ラミネートべニア
ラミネートベニア 170,000円
コア
グラスファイバーコア 40,000円
ゴールドコア 40,000円
価格は全て税別表記です。

ホワイトニング

ホームホワイトニング 40,000円
価格は全て税別表記です。

クリーニング

PMTC 10,000円
むし歯予防フッ素塗布 3,500円
価格は全て税別表記です。

入れ歯の費用

フルオーダーメイド 片顎 1,000,000円
全顎 2,000,000円
セミオーダーメイド 片顎 650,000円
全顎 1,300,000円
カスタムオーダー 片顎 400,000円
全顎 800,000円
ノンクラスプデンチャー 1歯~3歯の欠損 150,000円~200,000円
4歯~6歯の欠損 450,000円
キャストパーシャルデンチャー 1歯~3歯の欠損 150,000円~300,000円
4歯~6歯の欠損 450,000円~550,000円
6歯以上の欠損 650,000円
ハイブリット型ノンクラスプデンチャー 1歯~3歯の欠損 150,000円~300,000円
4歯~6歯の欠損 450,000円~550,000円
6歯以上の欠損 650,000円
計画診断料 110,000円
価格は全て税別表記です。

オプション

メタルプレート加工(オプション) 200,000円(片顎)
エステティック加工(オプション) 300,000円(片顎)
メタルの人工歯(オプション) 250,000円(片顎)
シリコン加工(オプション) 150,000円(片顎)
価格は全て税別表記です。

「医療費控除」
について

医療費控除とは、自分自身や家族の為に1年間に、10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除できる制度です。(控除される金額の上限は年間200万円です。)
1年間にかかった治療費と総所得額に応じて所得税が軽減されます。
医療費控除の申請には領収書が必要になりますので、医院からもらった領収書は大切に保管して下さい。

適用される医療費

①患者様が支払った診療費、治療費、または入院費
②治療に必要な医薬品の購入費用
※病気の予防や健康増進のための医薬品は対象外です。
③通院費、通院の為のバス、電車賃は領収書がなくても適用の対象となりますので、それぞれの医院に通われた日時と通院費を書いたメモを残しておいてください。

詳しくは、最寄りの税務署や役所の税金相談課へご相談ください。

page top